手ぬぐいが好き

手ぬぐいがお気に入りの人間が、手ぬぐいの使い方や、使っている・使いたいてぬぐいの話を書いています。最近は、手ぬぐいの柄をネタにした、気ままなエッセイになりつつありますが。。。(笑)
<< 花火の手ぬぐい | main | 祭りの手ぬぐい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「かまわぬ手ぬぐい百科」

かまわぬ手ぬぐい百科』」という本を読みました。百科事典のように、「あ」から「わ」まで383項目の手ぬぐいに関する言葉が説明されています。

と言っても、全然堅苦しい本じゃありませんよ。例えば「いたずら」の項には

まず、手ぬぐいに空気を含ませて湯の中に入れ、誰かのお尻の下で、空気を絞り出す。ブーと泡が出たら、「あー、おならした?臭ーい」とからかう。バスタイムがいっそう盛り上がるいたずら。
みたいな感じで、百科事典口調でふざけたことが書いてあったり、楽しくすいすい読めてしまいます。

そんな文書に混ざって、古典的な文様の由来や込められた意味なども書いてあるので、読み終わると結構知識が増えていますね。読んでいると、歌舞伎役者が愛用したことから流行った柄が結構あるんですよ。テレビもネットもない江戸時代、歌舞伎役者が流行を作ったりしてたんですね。

また、私にとっては、縁起ものの意味をたくさん憶えることができたのもよかった。招き猫は左足を上げているのが客を招く、右足を上げているのが金を招く、なんて違いがあるのも知らなかったし、ふくろうは「不苦労」を意味する縁起物とか、狸が「他抜き」で縁起がいいとか、恥ずかしながら全然知らなかったんですよ。

と、色々知識が増えてみると、やっぱりそういった手ぬぐいが欲しくなっちゃいますね(笑)。せっかく柄の意味を知ったんだから、その柄にあった場面で使ってみたいなぁって。あ、自分用に買うときにも、単に柄の好みとか季節に応じるだけではなく、何かしらメッセージを込めて買ったら更に楽しそうですね。かえってどれを買うか悩みそうですけど、それもまた楽しい悩みです(笑)。

| 手ぬぐいに関する本 | 13:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:44 | - | - |